転職に失敗しないための目標設定とスキルアップ

転職に失敗する場合には、目標設定があいまいな場合や、スキルアップよりも、その他の条件を優先してしまったという場合が多いということになります。
失敗したということは、自分の希望通りではなかったということですが、それは世の中でもよくあることです。
それで失敗したということは、失敗までの距離が短かったということになります。
本来スキルアップでは、非常に時間がかかります。
またその目標も先です。
そうでない場合には、失敗しやすい目標設定だったということでもあります。
それは自分で獲得するというものではなく、与えられたものが違うという不平不満です。
そうでない場合もあるでしょうが、長期的な目的やスキルアップを考えている場合には、その転職先も通過点と考えて、失敗とはとらえません。
遠回りかもしれませんが、スキルアップには役立っていますし、目標にも向かっています。
そうでなければまた転職をするだけです。
そのように明確な自分の長期的な目標を意識する、イメージしているかどうかも重要です。
自分のビジョンの自覚です。