転職の時に考えるべきさまざまなポイント

転職ではスキルを新し職場に与えて、その会社の業績を向上させるということが転職の場合の条件のようなものです。
まずそのスキルがなければ、新しい職場でも使われるだけで、年下の人が上司になり、立場も苦しくなります。
スキルアップでは、幅が広いことが良いのではなく、如何に深いスキルを持っているかが、価値があるということになります。
スキルは相手がそれ以上であれば、その下につき、それ以下であれば教えるというのが転職での求められる状態です。
そのように自分の能力を新しい会社に使い尽くして、それが出尽くしてから、新しいスキルを習得するという繰り返しです。
ですので、自分の考えているようにならなくても、臨機応変にスキルアップを求めていくということも必要になります。
また新しい会社がスキルアップをしたいということを評価するのは、それが会社になるという客観的な事実の時だけです。
雇われているということを、その点も自覚する必要があります。
その中で自分で工夫してスキルアップをしていくしかないということになります。